ヤングジャンプの野球漫画BUNGOブンゴの250話『揺るぎない意思』のネタバレ・感想です。

前回のあらすじ
静央のエースナンバーを背負い、初めてブンゴがマウンドに立つ。

今までよりも動きすぎる体を持て余し、140キロ台を叩き出すも制球に苦しんでしまう。

袴田のアドバイスから、置きに行ったボールでも北九州を抑えてしまうほどの才能を発揮し、チームも一回戦突破を果たす。

以下、BUNGOブンゴの250話のネタバレ・感想になります。

BUNGOブンゴ 250話|ネタバレ

試合後、野田が自分の打席を振り返っていた。

伊佐治が投じた完璧なアウトローに対して、マイケル戦できっかけを掴んだ理想の打撃を試す野田。

トップを決めたらゆっくりスイングー…。

捉えた打球はライトフェンスに直撃する。

バックスクリーンを狙ったつもりがライトポール際だったことに悔しさをあらわにしていた。

本当にゆっくり振るのではなく、絶妙にゆっくり振るくらいの感覚を身につけようとしていたのだった。

控室にて、4打席で3四球とまともに勝負してくれなかったことにイラついていると思った静央メンバーは、野田をたしなめる。

その時、石神に小谷野が謝っているのを野田は目にする。

野田は小谷野に技術的なアドバイスをし、俺はできないことは要求しないと激励した。

対してブンゴは袴田に罵倒されていた。

米村たちは3年のレベルと意識の高さに驚く。

野田監督は、北九州に快勝しながらも静央の核となるブンゴと野田が気を張り続けてくれていることに安心していた。

その時、野田監督のもとを筑南高校スカウトの前澤が訪れ、少し時間をもらえないかと申し出る。

喫茶店に場所を移し、ブンゴはまさに怪物だと切り出す前澤。

最近では最速150キロ右腕の記事をよく目にするが、平均球速が130キロ程度なのがザラだと言う。

安定した投球に繋がることから、前澤は最高出力よりも平均球速を重視していた。

そして、今日のブンゴの力を入れた時の平均球速は141.2キロに達していたと伝え、野田監督も驚く。

まだ余力をあると感じさせながらも、まだまだ荒削りで伸び代だらけ。

こんな中学生は見たことがないと付け加えた。

自分の選手に最高評価をしてくれていることに対し、ブンゴは野球自体はまだ上手くないですからね控えめに答える。

筑南の話を少しさせてくださいと前澤が切り出す。

福岡県は甲子園予選に130校が出場する全国第8位の激戦区。

県内にあるプロ球団の人気は凄まじく、プロ野球出身者も相当数いて野球の盛んな土地である。

しかし甲子園での実績は寂しいもので、福岡県代表の歴代甲子園優勝数は春で0回、夏に4回で、優勝したのも30年も前のこと。

そこまで話し、ここからは自分の主観と偏見が入ると付け加え、福岡の選手の負けん気の強さについて話し出す。

その九州男児の気性が好きではあるが、ダメなところでもあると言う。

全力を尽くして戦ったら、負けたとしても気持ちよくなっている。

それは勝負に徹する者として致命的な弱点。

だからこそブンゴがほしいのだと言う前澤。

ブンゴのエゴイスティックとまで言えるほどの勝利への向上心。

それを筑南に注入してほしい。

筑南はブンゴの能力を欲しているのではない。

ブンゴの揺るぎない意志を欲しているのだと前澤は野田監督に伝える。

その言葉に何かを強く感じる野田監督。

 

この日、各会場で一回戦が行われた結果、優勝候補格のチームが順当に突破していた。

宮松、富士ヶ丘、知多翔洋、流山の日本代表要する各チームだ。

そして翌日、静央シニアは盤石の態勢で2回戦の砂南シニアと激突する。

しかし、この試合で大きなトラブルが発生する。

BUNGOブンゴ 250話|感想

感想戦に入ります。

流石は野田さん、圧倒的な打撃センスを見せつけます。

しかし3四球と勝負させてもらえてませんね。

これも強打者の定め。

ブンゴは袴田にクソメソに言われてますね笑

動画にコメントしてくれる中で、袴田が結構人気あることを実感してます。

いやーこんな言われちゃうとなー。

…泣いちゃう笑

 

そして筑南高校スカウト前澤が中盤・終盤に躍動します。

ブンゴの肉体的才能を褒め殺しながらも、最後はブンゴの能力ではなく独善的とまで言えるほどの意志を欲しているときました。

はんぱねぇ緩急。

おっしゃる通り、なるほど確かにね前澤ちゃんとは思いました。

そこもブンゴの魅力だよねと。

でもね前澤ちゃん…ブンゴの最高球速が120キロでも同じことが言えるかい?

吉見も豊田から言われてましたね。

勝利だけが俺たちを肯定すると。

そのためには肉体的な才能も必要になってきますよね。

 

さて、ブンゴの球速考察動画を撮ろうと思っていましたが、先週判明しちゃいましたね笑

ということで他のキャラクターもの球速や現実の中学選手の球速についてまとめた動画を計画中です。

少しネタバレすると、15歳で最高球速156キロを叩き出したリアルガチモンスターが世界には存在しました笑

いやー、声に出してツッコんだね。

「いやマイケルかよ!!」

 

…ってね笑

はい、次号とんでもないトラブルが発生するそうなんですが、我々にもとんでもないトラブルが発生しています。

次号休載です。

まあもうお家芸と言いますか、きたかといったところですね。

えー怪我でもすんのかな。

ただブンゴの一ファンとしてはそろそろブンゴがエースでガチンコバトルがみたいです。

動画にコメントを頂きありがとうございます!!

ブンゴの進学先について予想したり妄想したりしている方は是非、書き込んでください。

反応します、拳で。(タイピングで)

ちなみにブンゴと野田が進学すると思われる高校をまとめているのはこちらになります。

築南高校もランクインしてます。

記事↓

動画↓

それでは今日はここまで。

ブンゴ ネタバレ 感想 251話に続く!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事