日本でサッカーと並ぶメジャースポーツ『野球』。

未経験者だけど、なんとなくルールはわかる。

そういった方も多いのではないでしょうか?

僕がそうだったので。

僕の高校では野球部が強かったので、『タッチ』の浅倉南
よろしく同級生に甲子園に連れて行ってもらいました笑

しかしそこは未経験者なので、実は漫画の方が好きというね笑

野球にどっぷりというわけではないけど興味がある、
という方におすすめしたい野球漫画を7作品
紹介させてください!

未経験者の最大の強み、それは

『知らない』ことですよね笑

知らないからこそ野球経験者であれば、
「あーはいはいこれね。」
となってしまうところも純粋に楽しめます。

しかも知らないということは、
熱くなれる伸びしろが無限大ということです。

前置きが長くなりましたが、
読んでほしい気持ちの表れですのであしからず。

それでは、プレイボール!!

1. BUNGO ーブンゴー

今めちゃくちゃハマっている野球漫画です。

中学シニアが舞台となる作品です。

本作の主人公である石浜文吾が真のエースになるため、
そして相棒である天才打者・野田幸雄との誓いを果たすために
仲間と奮闘していく物語です。

ブンゴを読みたくなる要素を挙げると、

・ブンゴが投げる魔球『ど真ん中ストレート』

・スカウト達の有望選手争奪戦

が挙げられます。

魔球がど真ん中のストレートってどういうこと?
気になりますよね???

しかも野球のドラフトはニュースにもなったりと、
普段野球を見ない人でも気になりますよね、
大谷翔平をはじめ、あの凄い子はどこに行くの?って。

自分もスカウト目線で楽しめるの点も
この作品の大きな魅力ですよ!

さらに詳しく紹介している記事も書いています。
ぜひこちらもブンゴを読む参考にしてください。

ハマります。

2. ダイヤのエース

今や定番の王道野球漫画と言えば『ダイヤのエース』でしょう。
アニメも絶賛放送中の本作は、
熱血要素も青春要素も友情要素もてんこ盛りとなってます。

ちなみに第一部が47巻、第二部が20巻で現在連載中です。

あっ、今

「長っ、無理!」

って思ったでしょ。

大丈夫、大丈夫だって。
あっという間に読んじゃってっから笑

むしろハマった場合のことを考えてみて。
最後までお楽しみたっぷりです。まるでトッポ笑

主人公・沢村栄純は中学最後の地区予選で暴投し、一回戦敗退を喫します。

地元の高校への進学を考えていた沢村ですが、
彼のポテンシャルを見抜いた青道高校のスカウトから
勧誘を受け、青道高校に進学することになります。

1年生ながらにエースを目指して頑張る決意をしますが、
同期には150km/h越えの球を投げる怪物・降谷暁の姿もありました。

上級生だけでなく、同学年にもライバルがいる中で、
個性溢れるチームメイトと共に力を磨きつつ、
チームの目標である甲子園優勝を目指して奮闘していく物語です。

多彩な登場人物がダイヤのエースの魅力ですね。
青道高校の中だけでも、全てのキャラが魅力的です。

第一部では、基本的には先輩たちの場面も
必然的に多くなります。

特に負ければ終わりの夏の甲子園、
ドキドキしながら読み進めること間違いなしです。

第二部では沢村たちが2年時の語ですが、
1年生の主人公的キャラ・奥村光舟との関係性が
個人的にはめちゃくちゃ面白いですね。

3. バトルスタディーズ

初めて野球漫画で爆笑しました笑

超・体育会系の高校野球漫画です!
憧れ続けた高校野球界の超一流ブランド・DL学園への入学を
勝ち取った野球バカ・狩野笑太郎が主人公です。

まあ、某有名高校○○学園が舞台であるのは想像に難くありません笑

各地から集まった日本トップクラスの仲間と共に、
DL学園硬式野球部に入部した笑太郎たち1年を待ち受けていたのは、
厳しすぎる上下関係と過酷すぎる練習の日々でした。

漫画であるからこそ楽しめるところもありますよね笑

本作品は、DL学園の考えに考え抜かれた戦略の数々から
強豪が強豪たる所以を知ることができます。

その戦略のポイントも作中で丁寧に解説してくれるので、
未経験者でも置いていかれることもありません。
読んでみてください、ほんとに「なるほど」と感心してしまいますよ。

おすすめのお笑い場面としては、1年のキャラが
試合を遠くで見ている先輩のジェスチャーを勘違いして
結果を出しまくる場面は笑い転げました笑

4. グラゼニ

「グラウンドには銭が埋まっている」

舞台はプロ野球。
一軍にはいるものの、選手として絶頂期を迎えた26歳の時点で年俸1,800万円の中継ぎ投手・凡田夏之介が主人公です。

タイトルの通り、とにかく『ゼニ』です笑

ぶっちゃけみんなもスポーツ選手の年俸が気になったりしますよね。

そんな我々を上回る勢いで、
『プロ野球選手』兼『年俸マニア』である凡田は
他の選手の年俸を気にしちゃってます笑

常に選手名鑑を持ち歩いていて、
12球団の1軍選手の年俸をソラで言えます笑

その影響はプレイにも表れています。

自身の年俸『1800万円』以下の打者には見下ろして投げますが、それ以上の選手になった途端、萎縮して打たれます。

しかし年俸5000万円を超える選手相手だと逆に開き直って抑えてます。
億プレイヤーになるとかなりの確率で抑えちゃいます笑

他の選手の年俸が気になって仕方ない『年俸マニア』凡田の視点を中心に、
華やかな世界であるプロ野球界のお金にまつわる話など、
現実的な側面を見ることができる野球とゼニが融合した漫画です。

5. 砂の栄冠

『ドラゴン桜』で広く知られている三田紀房先生が
描いた作品です。

この漫画も『グラゼニ』と同様に、
高校野球とフィールドは違えど
「お金」というテーマを絡めています。

高校野球は良くも悪くもめちゃくちゃお金が動きます。

僕も在学中に、野球部の友人から色々怪しい話を
聞いております。。

甲子園出場まであと一歩で敗れた樫野高校野球部。

期待を裏切ったことでOB会の特別支援が
打ち切られてしまいます。
そんな中、次期主将に就任した七嶋裕之が主人公です。

チームの再生について悩む七嶋は、野球部ファンである老人・トクさんから1000万円を預かることになります。

託された1000万円という大金、この大金を使い野球部を甲子園へと導く。

この作品の色として、『金』や『大人の事情』といったブラックな側面が強く描かれています。
そういった点がこの作品の魅力であり、ある意味でリアルを描いていますよね。

そして何と言っても皆のアイドル・無能監督ガーソの存在も必見です笑

6. ROOKIES

皆さんもTVドラマ・映画化され大ヒットした本作はご存知の方も多いはず。

言うまでもなく大人気野球作品です。

しかし、漫画って読んでますか?

僕も最初はドラマきっかけで本作を知りましたが、
漫画も熱いですよ!!

むしろ漫画の熱さがあったからこそのドラマや映画のヒットに繋がったのでしょう。

まず『熱血教師×不良生徒』という設定が
面白くならないはずがない笑

不良が幅を利かせる二子玉川学園高校に赴任してきた川藤幸一が主人公です。
川藤は持ち前の熱血ぶりで、不良たちにも真っ正面からぶつかります。
そんな川藤の熱さに触れ、生徒たちも徐々に心を開いていきます。

そして、名ばかりだった野球部が本気で甲子園を目指し奮闘していく
青春野球漫画の王道です。

ちなみに作者が書いている作品『べしゃり暮らし』もおすすめです。
吉本に入るほどのお笑い好きの作者が描く、お笑いの世界が舞台の作品です。

こちらもおすすめです!

7. おおきく振りかぶって

野球漫画の主人公といえば熱血なキャラが多い中、卑屈で弱気な三橋廉が本作の主人公です。

にもかかわらず、「マウンドだけは譲りたくない」というエースとしての素質を持ち合わせているんですよね。

そんな彼が入部した野球部は、設立1年目で1年生しかいません。

しかし野球に全てを懸ける女性監督・モモカンの指導のもと、甲子園を本気で目指します。

野球理論やスポーツ医学など、現実的な論理的要素がストーリーに盛り込まれているのが魅力の1つです。

試合では選手たちの心理が丁寧に描写されており、
緊迫した駆け引きに引き込まれます。

2度のアニメ化でブレイクし、野球漫画でありながらも、女性読者も一気に増えています。

主人公だけでなく、三橋をリードする女房役のキャッチャー・阿部をはじめライバル校の選手たちまで個性的で人気があります。

ぜひ読んでみて、自分の推しメンを見つけてみてください笑

最後に

はい、ゲームセットということでね笑

気になる野球漫画はありましたか?

7作品を紹介させて頂きましたが、随時更新していく予定なので、
こうご期待!というところであります。

それでは、今日はここまで。

 

他にもおすすめの漫画をまとめています。
興味がある方はこちらもどうぞ!

野球漫画も熱いですが、サッカー漫画でも熱い
おすすめの作品を1つ、紹介させてください!

『アオアシ』を知っていますか?
僕は面白すぎて全21巻を衝動買いしてます笑

そんなアオアシの魅力をまとめています。
もちろんルールを知らなくても楽しめます!
ぜひ覗いていってください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事