アニメ化や漫画ランキングで呪術廻戦という作品を目にする機会って増えましたよね。

ご多分に漏れず僕もTSUTAYAのピックアップ棚からこの作品を知りました。。

そもそも面白いの?
という問いに対してはこう答えざるを得ません。

 

YESであると。

はい、おふざけもほどほどにね笑

アニメ化するくらいだから面白いんだろうけど、

  • そもそも呪術廻戦ってどんな話?
  • どういったところが面白いの?
  • 自分好みの作品?

こう思ってますよね。

その疑問に答えながら感想・魅力をお伝えします。

それよりもまずは試し読みしたい!という方は、
1話が試し読みできますのでこちらからどうぞ!

それでは、レッツラゴー。

呪術廻戦:あらすじ

呪い。
辛酸・後悔・恥辱...。人間の負の感情から生まれる
禍々しきその力は、人を死へと導く。

ある強力な「呪物」の封印が解かれたことで、
高校生の虎杖は、呪いを廻る戦いの世界へと入っていく...!

1話のあらすじを補足します。

主人公はオカ研に入部しており、生まれつき超人的な
身体能力を持つ虎杖悠仁という高校1年生。

ある日、祖父の見舞いに病院を訪れた悠仁に、

「お前は強いから、人を助けろ。」

そう言い残し祖父は他界してしまう。

その日の夜、オカ研のメンバーは特級呪物『両面宿儺の指』の封印を解いてしまい、周囲の呪いが押し寄せる。

絶体絶命の状況で、両面宿儺の指を回収しに学校に来ていた伏黒恵と共に悠仁は学校に向かっていく。

学校に着いたものの、呪いを扱える伏黒は負傷し、悠仁には呪いを前に為す術がない。

伏黒が言う。
「呪いは呪いでしか祓えない。」

その言葉を聞き、悠仁は何かを思いつく。

絶望的な状況を打破するために、悠仁が取った行動。

それは両面宿儺の指を—、

喰らう!!

 

立ち尽くす悠仁に襲い掛かる呪い。

そして、悠仁は一撃で呪いを吹き飛ばした。

人が変わったように笑いだす悠仁。

しかしそれは悠仁の肉体を乗っ取った両面宿儺だった。

呪術廻戦:感想

呪術廻戦を読んだ印象は、王道の能力バトル漫画です。

扱っているテーマが『呪い』なので、
ダークファンタジー色が強いですね。

主人公の悠仁は自分の中に強大な存在を同居させており、生まれつき超人的な身体能力も持ってます。

もう主人公としては100点満点ですね。

もともと才能がなかったり、それなりの実力者が
経験や頭脳を使って強敵を倒していく。

そんな昨今の傾向がある中で悠仁のキャラは
主人公として逆に新鮮にも感じます。

戦闘においても『ハンターハンター』を思わせる戦略的な面があったり、能力の相性があったりと様々な展開を楽しめるんです。

呪術廻戦:特徴と魅力

似てるようでどれでもない独自性!

3人一組のパーティー構成、
自分の中に化物を宿している設定、
究めると空間を変化させる能力などなど。

どこかで読んだなと既視感を感じる部分があります。

後発である以上、今後生まれる全ての作品が何かのパクリだと言われがちなのは仕方がないことですよね。

しかし呪術廻戦には、
「いや、でも同じではないな。」
と思わせてくれるオリジナリティがあります。

それは今までの作品と同じ手法を使っていたとしても、既存の作品以上の魅力と面白さを生み出しているからだと思います。

現に、

  • 全国書店員が選んだおすすめコミック2019 1位
  • みんなが選ぶTSUTAYAコミック大賞2019 大賞

このように多くの人からも受け入れられ、
評価されています。

今までにあるようでない、新しい魅力を呪術廻戦は
秘めている作品です!

主人公が主人公している!

先述した通り、悠仁は主人公としては100点満点のポテンシャルを秘めています。

しかし生まれついた呪力は0でした。

最凶の呪い・両面宿儺の影響で呪力を扱えるようになり、1から呪力を鍛えていくという伸びしろもトッポよろしくたっぷりです。

唯一あったとするならば、

「お前は強いから人を助けろ」
「救えるやつは救っとけ」
祖父からの最後の言葉。

悠仁の価値観を大きく変えた祖父の言葉こそが
『約束という名の正義の呪い』であり、今後悲劇の中で
戦っていく悠仁を踏ん張らせる力になっています。

どの漫画でも主人公が活躍する作品はスカッとしますよね。

内に最凶の存在を秘めながらも仲間と共に成長していく悠仁の姿は、あなたを熱くしてくれます!

読み応えが半端じゃない!

読後感っていうんですかね。

読んだ後に、「読んだわぁ…」感が
半端じゃないんです。

コマ割りも迫力があり、キャラの心理描写や心理戦も
しっかりと描かれているため、満足感が本当に凄い!

ぶっちゃけちょっと疲れるくらい笑

呪力といった要素の設定もハンターハンターのように
作りこまれています。

各キャラたちの思惑も、こちらに考えさせる余白を
残しつつも丁寧に描かれてます。

頭空っぽにしてドンパチを楽しむというよりは、
しっかりと作りこまれた設定や世界観で、
漫画の世界に没頭したいという方に特におすすめです!

最後に

最後にどんな方向けなのかをまとめると。

  • 王道バトル漫画が好き
  • 呪いや超能力といったSFが好き
  • 能力の仕組みが細かく設定されている方が好き

上の項目に当てはまる人は間違いなくハマります。
考える必要はありません、今すぐ読みましょう!笑

試し読み・購入はこちらからどうぞ!

もうすぐアニメも放送される呪術廻戦。

アニメ放送前に、ぜひ漫画で熱くなりましょう!

 

呪術廻戦も熱いですが、他にも面白いダークファンタジー系の漫画があります。
まとめてますので、ぜひ覗いていってください!
もちろん呪術廻戦はランクインしてます笑

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事