どうもハンクです!

PS5の発売もあって、
ゲーム業界は今めちゃくちゃ盛り上がってますよね!

そして、他にもあるんです。

Ubisoftが、ファークライシリーズの最新作『ファークライ6』を2021年2月18日に発売することを正式発表しました!

オープンワールド好きだけでなく、ゲーム好きなら1度は耳にしたことがあるであろうその名前。

世界中の人が歓喜に沸き、
色めきだっていることでしょう。

とりあえず、
お通しがてら公式トレイラーをご覧ください。

マジで引き込まれますよ!

そして特に話題を呼んでいるのは、
残忍な独裁者アントン・カスティロを演じる人物。

『ブレイキング・バッド』のガスでお馴染みの
ジャンカルロ・エスポジート氏なんです!

ちなみにその際のメイキング映像も後ほど紹介します。

本記事では、話題を呼んでいるファークライシリーズの最新作『ファークライ6』の舞台や主人公、そして噂されている他の作品との関連性について紹介していきます。

ぜひ最後までお付き合いください!

『ファークライ』ってそもそもどんなゲーム?

https://ubiblog-jp.com/2020/07/13/fc6-fwd/

ファークライシリーズとはそもそも何か?

今作がきっかけでファークライシリーズを
知ったという方もいらっしゃることでしょう。

ファークライは
オープンワールドの世界が舞台のFPSゲームです。

2004年に原点となるファークライが出て以降、これまでにシリーズは全8作品がリリースされています。

各ナンバリングタイトルで舞台や世界観が全く違っており、高い自由度が我々プレイヤーには与えられます

初めてファークライのような自由度が高い作品をプレイすると、何をしていけばいいのかがわからなくて投げ出してしまうという方がいるのも事実です。

そこは個人の好みもありますが、プレイを続けていくと段々慣れていき、気づくとどっぷりハマってしまっているジャンルでもあります。

この機会にぜひ、プレイしてみてください!

『ファークライ6』舞台は再び熱帯の島国へ!

『ファークライ6』では
カリブ海の架空の島国『ヤーラ』が舞台となります。

ファン目線でいくと、熱帯の島国が舞台といえば
『ファークライ3』が思い浮かびますよね。

厳密に言うと、無印『ファークライ』も
島国が舞台なんですが、3の印象が強いと思います。

4ではヒマラヤ山脈、5ではアメリカが舞台だったので、原点回帰とも言えそうです。

『ヤーラ』はキューバからインスパイアされているそうで、今作の重要なテーマである『革命』にもバッチリはまっています。

そして気になる今回の主人公(プレイヤー)は、
ヤーラ出身のゲリラ兵『ダニー・ロハス』です!

主人公の性別は男女ともに選択可能とのこと。

モチーフは社会主義国家のキューバです。

これはダニー・ロハスとして
革命を起こすしかねぇ。

チェの親父の名にかけて。

晴天の青空が広がる島国と血が飛び散る狂気のバイオレンスのミスマッチが、これぞファークライだと思えるカオスを生み出すことは間違いないでしょう。

『ファークライ6』と他の作品

https://gameup24.wordpress.com

過去作『ファークライ3』とのつながり

ファークライ6について、ある噂が流れています。

ファークライ6に登場する大統領アントンの息子である
ディエゴが、ファークライ3の悪役として登場した
バース・モンテネグロの少年時代なのではないか、
という噂です。

もちろん火のないところに煙は立たないというもので、
2つの根拠が挙がっています。

ディエゴの右の眉の上には傷があり、
ファークライ3のバースにも同じ場所に
傷があったことから2人は同一人物なのではないか
とネットで噂されているんです。

バースの右眉にある傷は実写版のみに見られる傷跡だそうで、ゲーム内のバースにその傷はありません。

実写版でバースを演じているマイケル・マンド氏が、
傷を入れて演じていたんです。

これだけだと、

「いやいやさすがに弱いじゃない」

と一刀両断するところなんですが、
この噂に信憑性を上乗せしている出来事がありました。

数ヶ月前にマイケル・マンド氏がバースを再び演じたいと語っていたんです。

ただ単に最新作発売がきっかけで彼がそう呟いただけかもしれませんが、バースはファークライシリーズの中でも特に人気のある悪役です。

再登場を望んでいるファンもいることでしょう。

そういった点も踏まえてこういった噂がたっています。

いずれわかることではありますが、こうやって予想するのもゲームの醍醐味の1つですよね。

『ブレイキング・バッド』ガスの姿が!

はじめて大統領アントンを見た時に、
こう思った方も多いことでしょう。

 

『ガスやんけ!!』

 

ブレイキング・バッドにてアメリカの麻薬市場を牛耳る麻薬王・ガスを演じていたジャンカルロ・エスポジート氏が、今度は残忍な独裁者カスティロを演じます。

これはもう完全に神キャスティング!

ガスがきっかけでファークライ6をプレイする方が
いることは間違いなありません。

なんせブレイキング・バッドは世界一評価が高いドラマとしてギネスに登録されています。

その中でも屈指の人気キャラであるガスがファークライに登場となれば、ファークライ人口も増えることは間違いないでしょう。

公式トレイラーでは、
息子のディエゴを自身の次期後継者として
成長させるべく教育していく様子が流れていきます。

その雰囲気に見ている我々も圧倒され、
見入ってしまいますよね。

見事な演技力はもちろんですが、
日本語担当の声優の方も素晴らしいです。

ちなみにジャンカルロ・エスポジート氏が
『ファークライ6』でカスティロを演じた際の
メイキング映像もあります。

ぜひご覧ください。

いやー、期待が高まりますね!

最後に

今作は原点回帰で島国が舞台となることもあり、
過去2作はスルーしていた方も気になってしまうのでは
ないでしょうか。

また、販売内容に関しては、

価格と付属内容

通常盤:8,400円 
・ゲーム本編

    ゴールドエディション:12,000円 
    ・ゲーム本編
    シーズンパス

      アルティメットエディション:14,400円 
      ・ゲーム本編
      ・シーズンパス
      ・アルティメットパック

        となっております。

        うん、流石ですね・・笑

        発売はまだ先で時間はありますが、
        期待して待ちましょう!

        それでは今日はここまで。

        お疲れ様でした!

        Twitterでフォローしよう

        おすすめの記事