MENU
なんでもないようなことを呟いてます。→ Twitter

『Horizon Forbidden West』発売まとめ|ホライゾンゼロドーン2です。

正直に告白します。

『ホライゾンゼロドーン』が無印タイトルだと思ってました。

『ホライゾン』がタイトルだったんですね。

そっかそっか。

続編である本作は
『ホライゾンゼロドーン2』ではなく‥、

『Horizon Forbidden West (ホライゾンフォビドゥンウェスト)』だっ!!

ちなみに公式では『Horizon Ⅱ』となっていました。

本作はPS4、PS5にて発売されます。

そして、発売日は2022年2月18日です!

ゲーム好き待望のビッグタイトルですよね。

ソニー傘下のゲリラゲームズ社が開発しており、前作は開発に6年を要したとのことです。

結果的には日本ゲーム大賞のフューチャー部門を受賞し、2020年12月時点では累計売上2150万部を突破していると。

いやえっぐい笑

まあ実際めちゃくちゃ面白いです。

前作未経験の人に説明するとしたら、
モンハンのモンスターがゾイドになった感じですかね。

いや余計わかりにくいか笑

ゾイドて笑

こちらが公式アナウンストレーラーになります。

本記事では『Horizon Forbidden West』について、ストーリーや前作とのつながりといった情報についてまとめています。

ぜひ最後までお付き合いください。

※本作の画像は『Horizon Forbidden West』公式HPのスクリーンショットを使用しています。

公式HP:https://www.playstation.com/ja-jp/games/horizon-forbidden-west/

Amazon売れ筋ランキング1位のゲーミングチェア!【ジーティーレーシング】

目次

Horizon Forbidden West|基本情報

謎めいた新たな脅威が潜む禁断の土地——
アメリカ西部。危険に満ちたフロンティアで、アーロイの壮大な物語がはじまる。

『ホライゾン』今作の世界観

前作とがっつり繋がったストーリーとなっています。

未プレイの方へ。

前作『ホライゾンゼロドーン』を先にプレイした方が、ストーリーやキャラについて理解できるのでより楽しめると思われます。

破格の価格なっていますし、神ゲーなのは間違いないのでぜひ前作もプレイしてみてください。

遠い未来。大災厄に襲われ、今や機械獣が大地を支配する「Horizon」の世界。まだ見ぬ遠方の大地や、より強大かつ荘厳な機械獣との戦い、そして目を見張る新たな部族との遭遇が待っている。

激しい嵐に荒廃し続ける世界——大地は死に瀕している。散り散りになりながらも生き残った人類は、新たに出現した恐ろしい機械獣に領域を脅かされ、苦境に立たされている。なぜ再び地球上の生命が急速に絶滅へと向かうのか、それを知る者は誰もいない。

大地を覆う脅威に隠された謎を解き明かし、世界に秩序と調和を取り戻せるのはアーロイただ一人。旅の途中、アーロイはかつての仲間と合流し、敵対する新勢力と協力関係を築き、古の遺産の謎を解き明かさなければならない——圧倒的強さを誇る新たな敵に屈しないために。

前作では壮大な冒険の後に大仕事を終えたアーロイ。

しかし続編のための伏線なのか、結構大きな謎をいくつか残していますよね。

『サイレンス』や『ハデスを暴走させた人物』といった登場人物も謎に包まれています。

ホライゾン|主人公

シリーズを通して主人公は、
『アーロイ』という女性です。

アーロイ

弓矢や槍を扱い、機械を狩るハンター。

性格はぶっきらぼうだが、基本的には優しい。

『ノラ』という部族の人間だが、異端者として扱いが酷く、同じく異端者の男性『ロスト』に育てられた。

遺跡で偶然に発見した小型装置『フォーカス』を右耳に常に装着している。

アーロイの見た目に関しては相当賛否両論ありましたよね笑

どちらかといえば否定的な記事を多く見かけましたし、なんなら今作はより‥、という記事も目にしました。

確かにFFシリーズのようないかにもな美男美女ってわけではないですね。

でも、昨今の風潮ってそんな感じじゃない?

ゴーストオブツシマとかラストオブアス2も、キャラデザ面では割と叩かれてましたよね。

しかし、発売後にあまり見なくなりました。

要するに、面白さが正義だったのでしょう。

そして今作は神ゲーだった前作からめちゃくちゃ刷新されたというわけではありません。

ベースはそのままにコンテンツを増やし、さらにブラッシュアップした仕上がりとなっている印象を映像からは受けます。

ラーメンに味玉つけてチャーシューを盛り盛りにしたイメージです。

美味し‥、面白くないわけがない!

ホライゾン|機械獣

『ホライゾン』の世界には、動物の姿をした機械生物が生息しています。

機械獣は動物同様に自らの意思で動いており、好戦的な個体から穏やかな個体まで様々です。

そして機械獣の体は部位ごとに分かれていて、この要素がホライゾンの戦闘を格段に面白くします。

この点は『戦闘』で説明します。

Horizon Forbidden West|特徴

今作もオープンワールド型のアクションRPGとなっています。

前作同様に広大なフィールドを存分に探索することができ、やり込み要素もたくさん用意されているでしょう。

しかも映像を観たらグラフィックも最高ですよね。

クエストも豊富に用意してくれていることでしょう。

また、スタミナの概念がないため『ダークソウルシリーズ』のようにスタミナ管理に気を配る必要はありません。

アーロイは無尽蔵のスタミナを誇ります。

そしてほとんどの地形を自由に登ることを可能にした『フリークライミングシステム』を導入したとのこと。

さらに追加要素として、『シールドウイング』によって高所から地上までの移動が可能になっています。

簡単にいえばピーチ姫のパラソルを先進的にした感じ笑

高所からの移動ってオープンワールドだとストレスになることがあるんですよね、広すぎるがゆえに。

なんか落っこちて死ぬ時もあるし。

落下ダメージを軽減できるスキルを見かけることもあります。

『ファークライシリーズ』だとジップラインがその役割を果たしましたが、場所を問わず移動できるのはかなり操作性が高そうです。

そして先で少し触れましたが、ベースは前作を踏襲しています。

従ってぶっちゃけこれといって飛び抜けた特徴があるかとなると、ない。

あくまで僕の個人的な感想です。

THE・王道。

それはイコールつまらないというわけではなく。

むしろその逆。

超王道を貫けるほど面白い
ということです。

だからこそ全世界でプレイされ、みんなに愛されているんでしょう。

『ドラゴンクエスト』と同じカテゴリーと言いますか。

シンプルに超面白い。

バトルも映像もストーリーも超ハイレベル。

要するにですね、

横綱ですよ、ホライゾンは。

結局がっぷり心を掴まれて押し出されちゃうんですよ。

‥僕は何言ってるんですか?笑

まあ結局お伝えしたかったのは、

面白いってこと。

Horizon Forbidden West|戦闘

やはりゲームの醍醐味といえば戦闘でしょう!

アーロイは弓と槍を用いて戦います。

とはいえ前作では基本的に弓をはじめとする遠距離武器が中心でした。

その点は今作でも変わっていません。

巨大な敵と戦うことになるので、物理的にも槍だと厳しいんですよね。

前作で腕を鳴らしたプレイヤーたちを満足させるために、今作では未知の敵や新種の機械獣が数多く登場するそうです。

その対抗手段として、『アップグレードシステム』『勇技』なるものが導入されます。

『アップグレードシステム』

作業台を用いて武器や衣服を強化することで改造スロットやスキルの解除が可能。

スキルツリーも前作から改善されており、新たなツリーが展開されているとのこと。

『勇技』

スキルポイントを消費して解除可能な新技。

全12種類存在する。

敵の弱点を突いたり部位の破壊によって得られる
『義勇』の量によって、3段階に威力やチャージ時間が変動する。

スキルカスタマイズの幅が格段に上がりそうですね。

そして『ホライゾン』の戦闘の醍醐味は、

機械獣!

先述の通り機械獣の体は部位ごとに分かれていて、
この要素が面白いんです。

例えば機械獣の砲撃パーツを破壊すれば、
その機械獣は砲撃による攻撃ができなくなります。

しかもその破壊したパーツをこちらの武器として
利用することも可能なんです。

いくら頑丈な装甲で固めていても、
そこを破壊すれば効果的にダメージが通ります。

もしくはそもそも的の小さい弱点を狙っていくのか。

こうやって試行錯誤していくことで、
めちゃくちゃ戦術の幅が広がるんです。

基本的にアーロイは機械獣に対して
耐久力で圧倒的に敵いません。

攻撃をかわしつつ、距離をとって機械獣を攻撃していくヒット&アウェイです。

罠や他の武器も駆使しながら。

また、こちらが最新プレイ映像になります。
イメージが湧くと思います。

Horizon Forbidden West|まとめ

『Horizon Forbidden West』はPS4、PS5
発売予定です。

流石はSONY、独占販売ですね。

改めて、発売日は2022年2月18日です。

僕が他に好きなゲームで『アウターワールド 』というソフトがあるんですが、ベセスダのゲームなんですよ。

その続編が発売決定となって歓喜していたんですが、ベセスダ はマイクロソフトが買収したのでXBOXで独占販売されちゃうんですよねぇ。

もちろんボランティアじゃないので、企業として利益を追求するのもわかります。

でも1プレイヤーとしては、悲しいなあ。

その悲しみを『Horizon Forbidden West』に
ぶつけることにします!笑

エディション
スタンダードエディション PS5版 ¥8,690
  • Horizon Forbidden West™ (PS5™)
デジタルデラックスエディション PS5版 ¥9,790
  • Horizon Forbidden West™ PS4&PS5
  • デジタルサウンドトラック & アートブック
  • デジタルコミックブック
  • カージャ族ベヒーモスの武器と防具
  • ノラ族雷の武器と防具
  • ストライクの駒「強化型クローストライダー」
  • 旅のアイテムセット
  • フォトモード用オプション(ポーズとフェイスペイント)
スタンダードエディション PS4版 ¥7,590
  • Horizon Forbidden West™ (PS4™)

最後まで読んで頂きありがとうございました!

お疲れ様でした。

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

ハンクです。空を飛ぶログでは、旅行とエンタメ(漫画やゲーム)を中心とした記事を書いていきます。皆さまが面白いと思えるように日々コンテンツを充実させていきます。よろしくお願いします!

コメント

コメントする

目次
閉じる